トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ > 仏教に欠かせない“仏具”

仏教に欠かせない“仏具”

数珠について

“数珠”は葬儀や法事、お墓参りの際に使われる最も身近な仏具で、これを手に掛けて祈れば仏様と心を通わせることができて煩悩が消滅し、功徳を得られるとも言われています。 また、もともと“念珠”とも呼ばれて念仏を唱える際に何回唱えたかを数えるために使われていたものですが、人間のもっている百八の煩悩を念珠の一つ一つが受け止めてくれるという言い伝えがあることから、お葬式や法事以外にも魔除けや厄除けのお守りとして使われたり、最近ではお祝い事やアクセサリーとして使用されるなど利用範囲は以前

仏教に欠かせない“仏具”の記事

仏教に欠かせない“仏具”のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

数珠について

数珠について

“数珠”は葬儀や法事、お墓参りの際に使われる最も身近な仏具で、これを手に掛けて祈れば仏様と心を通わせることができて煩悩が消滅し、功徳を得ら・・・


法要について

法要について

仏教の法要には死後7日ごとに7回、49日間(:中陰の期間)に連続して行う“忌日法要”と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三・・・


仏具のいろいろ【その2】

仏具のいろいろ【その2】

3つ目は、“ろうそく立て”です。仏教ではろうそくの明りは仏様の知恵で煩悩の暗闇を消し去ってくれると考えられていて、仏壇にろうそくをたてるこ・・・


位牌について

位牌について

位牌とは亡くなった人の戒名や命日が記され、故人の霊魂が宿る場所であるとされているもので、もともとは中国の儒教で使われていたものが、鎌倉時代・・・


仏具のいろいろ【その1】

仏具のいろいろ【その1】

仏壇はさまざまな仏具で飾ることによって荘厳さが高まり、本尊や位牌もより輝きを増します。そこで、基本的な仏具にはどんなものがあるか見てみるこ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 仏壇の材質

このように仏壇にはさまざまなタイプのものがありますが、その価格を大きく左右するのは使われている材質です。まず仏壇の中でも圧倒的な美しさや荘厳さをもつ“金仏壇”は、杉や松、檜など様々な材料を使って作られたもので、そこに漆で黒く塗ってさらに金箔や金粉を施していることから実際にどのような材料が使われているか、天然の木なのか合板なのかは壊してみないと分からないと言われます。 そして天然の木が多く使われているものの方が値段も高いのですが、よほどしっかりと乾燥させた材料でない限り合板と

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。