トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ仏教に欠かせない“仏具” > 位牌について

位牌について

位牌についての画像

位牌とは亡くなった人の戒名や命日が記され、故人の霊魂が宿る場所であるとされているもので、もともとは中国の儒教で使われていたものが、鎌倉時代に中国で修行を積んだ禅僧が日本に持ち帰ったのがきっかけとなって広まり始め、江戸時代には庶民の間でも仏壇に位牌を祀るという習慣が浸透しました。仏教では人が亡くなって四十九日の法要までは仮の位牌として白木の位牌が祀られますが、四十九日の法要時には正式な位牌が必要となります。

また、仏教では人が亡くなると命日を基準として7日ごとに法要が行われ、初七日、二七日、三七日……と7回ほど法要が行われ、この間にあの世へ旅立った故人が閻魔大王の審判を受けて仏教の輪廻の思想で説かれている死後に行く6つの世界(地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人間道、天道)のいずれの世界に生まれ変わるかが決まるとされているためで、49日目に都合が悪い場合には“弔事前倒し”といって前にずらすのが良いとされています。

本位牌を仏壇に祀る際には、まずお寺で“開眼供養”を行います。これは“お精入れ”、“魂入れ”とも言われるもので、この儀式によってただの“もの”にすぎなかった位牌に故人の魂が入って本物の位牌になるのですが、最近では “寿牌”といって配偶者が亡くなった時に自分の戒名もつけてもらって位牌を作り仏壇に並べて祀るという人も多いようです。

位牌には、故人一人ずつに作られる“札位牌”以外にも、屋根や扉がついていて中に複数の位牌を納めることのできる“繰出位牌”というのがあって、仏壇に何代にもわたる位牌がある場合にはこの中に故人の命日を書いた札を順に重ねておくことができるようになっています。

位牌には魂が入っているために、繰出位牌にまとめたり古くなって作り直しをする場合には必ずお寺で魂抜きの報じを行って炊き上げをしてもらう必要があります。また仏壇の主役はあくまでもご本尊ですので、仏壇に位牌を祀る際には位牌をご本尊よりも上の段に安置したり仏壇の中央に置いたりしてはならないことになっているので覚えておきましょう。

仏壇・神棚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 神具の配置について

神道では、神棚に神具を飾る際の配置の仕方が決められています。そこで、お宮の中でも最も人気の高いと言われる“三社宮”に神具を飾る場合を見てみることにしましょう。まず、神棚の内側の扉の正面に“神鏡”を置き、階段の両隣には燈籠をとろうそく立てとを対で置きます。そして、必ず付けなければならないというものではありませんが、同じ段の両端に彩の良い “真榊”を置くと神棚の華やかさが増します。 これは緑、黄、赤、白、青の五色絹の幟の先端に榊を挿して三種の神器を掛けたもので、左側の真榊には剣

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。