トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ仏教に欠かせない“仏具” > 数珠について

数珠について

数珠についての画像

“数珠”は葬儀や法事、お墓参りの際に使われる最も身近な仏具で、これを手に掛けて祈れば仏様と心を通わせることができて煩悩が消滅し、功徳を得られるとも言われています。

また、もともと“念珠”とも呼ばれて念仏を唱える際に何回唱えたかを数えるために使われていたものですが、人間のもっている百八の煩悩を念珠の一つ一つが受け止めてくれるという言い伝えがあることから、お葬式や法事以外にも魔除けや厄除けのお守りとして使われたり、最近ではお祝い事やアクセサリーとして使用されるなど利用範囲は以前よりもかなり広がってきています。

ところで正式な数珠は、“親玉”、“主玉”、“四天玉”、“弟子玉”、“露玉”、“浄明”、“中通し紐”という7つの部分で構成され、玉にはそれぞれ意味があります。まず房の付いている一番大きい“親玉”は“釈迦如来”や“阿弥陀如来”を表し、数珠のメインとなっている108個の“主玉”は“百八尊”“百八煩悩”を、そして主玉の間にあって主玉とは色の異なる4つの“四天玉”は、“四天王”“四菩薩”を表しています。

また、房についている20個の小さな“弟子玉”は、釈迦の弟子たちの中でも特に主だった“十大弟子と十菩薩”を、“親玉”のすぐ下にある“浄明”は“菩薩”を、そしてそれぞれの玉をつないでいる“中通し紐”は“観音菩薩”を表しています。最近では数珠のしきたりは次第に緩くなって、このように正式なものだけでなく、主玉の数を108の1/2の54や、1/4の27、21、18、14と減らして、片手用や腕輪にした略式のものも普及していますが、一般に男性用は女性用に比べて玉のサイズが大きいものが使われます。

素材も象牙や珊瑚、琥珀、真珠、水晶、ルビー、翡翠、虎眼、ガーネットといった高価なものや、桃、桜、黒檀、紫檀、鉄刀木などの木製のもの、伽羅、白檀などの香木を使ったもの、菩提樹の実を使ったものなどいろいろあり、釈迦が菩提樹の下で悟りを開いたことから菩提樹の実で作られた数珠が最上のものとされています。

仏壇・神棚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 神棚の種類

“神棚”は“宮形”、“神殿”とも呼ばれ、家庭や会社の事務所などに置いて家族の幸福や安泰、事業の発展などを感謝し、今後もますますのご加護をいただけることをお祈りするためのもので、地域の守り神を祀っているのが神社であるのに対して、それを模して家庭や会社などの守り神を祀っているのが神棚ということになります。 神棚のそもそもの始まりは、伊勢神宮に祀られている天照大御神(あまてらすおおみかみ)の、父親である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から贈られた宝物を入れて神としてお祀りするために

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。