トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ仏教に欠かせない“仏具” > 法要について

法要について

法要についての画像

仏教の法要には死後7日ごとに7回、49日間(:中陰の期間)に連続して行う“忌日法要”と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と数年ごとに行われる“年忌法要”とがあります。

“忌日法要”では命日を含めて最初の7日目に行われるものを“初七日法要”、14日目に行われるものを“二七日(ふたなぬか)法要”というように三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)法要という名前がついていて、このしきたりに基づいて供養が行われます。

これは、釈迦が菩提樹の下で悟りを開いた後7日毎に場所を変えてさらに迷走を続けて、自分の得た悟りが本当に正しいものであるかを考え続け49日で確信をえることができたことに由来しているとも言われています。また“初七日”は故人が三途の川に到達する日で、ここで激流を渡るか、急流を渡るか、緩流を渡るかの判決が下されることから、緩流を渡ることができるように法要を行うという意味もあるようです。

食事もかつては四十九日の忌明けまでは、肉類を使わない精進料理のみとされていましたが、最近では火葬が終わってすぐに“初七日法要”が行われることから、僧侶や世話人などの労をねぎらう席で精進上げも行われて通常の食事に戻されることが多いようです。そして二七日から六七日までは、身内だけが集まって家に僧侶を迎え読経を行ってもらい、満中陰を迎える7回目の七七日(四十九日)には、親族や近親者などを招いて納骨とて忌明けの法要が行われます。

次に、故人の死後、一周忌以降の祥月命日に追善供養として行われる“年忌法要”は三十三回忌を年忌止めとしてここまでで年忌供養を打ち切ることが多いようですが、宗派によっては五十回忌まで続く場合もあります。

年の初めには年忌法要がないかどうかを確認し、ある場合には早めに日程や場所をお寺と相談しておくようにしましょう。通常は故人の命日に行うものですが、都合の悪い場合には命日よりも前にずらすのが良いとされています。

仏壇・神棚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 神道の歴史

“神道”は日本に仏教が伝えられる以前からある宗教で、八百万の神として境内に御神木やご神石などを祀っている神社が多いように、農耕民族である日本人は天照大神をはじめとする古来からの神々だけでなく山や海、川、草木、石といった自然にまで神が宿っているとして崇拝してきました。 そして長い歴史の間には幕末の藩主を神として祀ったり、宇宙全体を支配するという神を祀るなどさまざまな神社が誕生しましたが、明治維新後の神道強化政策によって天皇を現人神(アラヒトガミ)として絶対化する国家神道が再編

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。