トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ > 神道を支えてきた“神棚”

神道を支えてきた“神棚”

神棚の祀り方

神棚の中には神社でいただいた御神札(おふだ)をお祀りしますが、位置もその中心には伊勢の天照大御神の御神札を置き、その右に氏神様の御神札を、左に豊受大御神の御神札とその家で信仰している神社の御神札を置くというように順番が決められていて、直列にお祀りする際には手前から天照大御神、豊受大御神、氏神、その他の神の順にお札を置くというのが一般的で、御神札を納める場所も神棚によって神棚によって異なり、大型になると7箇所以上ついているものもあります。 1年間お祀りしたら古い御神札は、翌年

神道を支えてきた“神棚”の記事

神道を支えてきた“神棚”のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

神棚の祀り方

神棚の祀り方

神棚の中には神社でいただいた御神札(おふだ)をお祀りしますが、位置もその中心には伊勢の天照大御神の御神札を置き、その右に氏神様の御神札を、・・・


神棚の種類

神棚の種類

“神棚”は“宮形”、“神殿”とも呼ばれ、家庭や会社の事務所などに置いて家族の幸福や安泰、事業の発展などを感謝し、今後もますますのご加護をい・・・


神道の歴史

神道の歴史

“神道”は日本に仏教が伝えられる以前からある宗教で、八百万の神として境内に御神木やご神石などを祀っている神社が多いように、農耕民族である日・・・


お参りの仕方

お参りの仕方

神様へお参りする際にもいくつかの決まりごとがあるので、まずは神社からマスターしておきましょう。神社では、鳥居をくぐるときに一度立ち止まって・・・


神様について

神様について

日本の家庭では、昔から先祖を仏壇にお祀りするのと同様に、日々の生活に感謝したり家族の健康や幸せを願ってその家にかかわる様々な神様を神棚にお・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 神道の歴史

“神道”は日本に仏教が伝えられる以前からある宗教で、八百万の神として境内に御神木やご神石などを祀っている神社が多いように、農耕民族である日本人は天照大神をはじめとする古来からの神々だけでなく山や海、川、草木、石といった自然にまで神が宿っているとして崇拝してきました。 そして長い歴史の間には幕末の藩主を神として祀ったり、宇宙全体を支配するという神を祀るなどさまざまな神社が誕生しましたが、明治維新後の神道強化政策によって天皇を現人神(アラヒトガミ)として絶対化する国家神道が再編

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。