トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ神道を支えてきた“神棚” > 神棚の種類

神棚の種類

神棚の種類の画像

“神棚”は“宮形”、“神殿”とも呼ばれ、家庭や会社の事務所などに置いて家族の幸福や安泰、事業の発展などを感謝し、今後もますますのご加護をいただけることをお祈りするためのもので、地域の守り神を祀っているのが神社であるのに対して、それを模して家庭や会社などの守り神を祀っているのが神棚ということになります。

神棚のそもそもの始まりは、伊勢神宮に祀られている天照大御神(あまてらすおおみかみ)の、父親である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から贈られた宝物を入れて神としてお祀りするために作られた小さな箱型の社で、これが江戸時代になって伊勢神宮の御神札を納めてお祀りするためのものになり庶民の間にも神棚として浸透していったと言われています。

神棚には、様々な種類のものがあります。まず≪一社宮≫は一枚扉の小さな社で、お祭する神様が1つの場合に適していますがスペース的に余裕がなくて複数の御神札を直列に重ねて納める場合にも使われ、同じ一社宮でも前方だけに屋根がついている片屋根タイプと、後ろにも屋根のついている両屋根タイプとがあります。

≪神明宮≫は、一社宮タイプの屋根の両端に“千木(ちぎ)”という木材や“勝男木(かつおぎ)”という丸太を、両脇には“脇障子”という板を付け、さらに手すりや階段を付けて豪華なつくりにしたもので、御神札を入れやすくするために屋根が胴体部分からとりはずせるようになっています。

“天照大御神”、“氏神”、“その他の崇拝する神”を並べてお祀りすることができる≪三社宮≫は最も多く使われる神棚で、さらに上級なものに屋根に厚みをもたせて縁取りを施したりして装飾にこだわった≪神明宮・三社宮≫があります。

他にも神殿がお堂の中に納まったデザインの≪箱宮≫や、価格が手ごろで取り換えもしやすい≪荒神宮≫、御神札以外の形をした御神体をお祀りすることのできる≪厨子宮≫、恵比寿様や大黒様をお祀りするための≪大黒宮≫、丈の長い御神札をお祀りする≪札宮≫などがありそれぞれに祀る神様が違ってくるので選ぶ際には確認しておきましょう。

仏壇・神棚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 仏具のいろいろ【その2】

3つ目は、“ろうそく立て”です。仏教ではろうそくの明りは仏様の知恵で煩悩の暗闇を消し去ってくれると考えられていて、仏壇にろうそくをたてることによって故人を供養することができるだけでなく、生きている者の魂も救われるとされています。 4つ目の“リン”は、「これからお経をあげますよ」、「これで終わりましたよ」という意味でお経の始まりと終わりに鳴らすものですが、同時にこの澄んだ音色が邪心を取り払ってくれるとされています。通常はリン台と呼ばれる台の上にリン布団と呼ばれる座布団のような

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。