トップ 仏壇・神棚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

仏壇・神棚ナビ神道に欠かせない“神具” > 神具の配置について

神具の配置について

神具の配置についての画像

神道では、神棚に神具を飾る際の配置の仕方が決められています。そこで、お宮の中でも最も人気の高いと言われる“三社宮”に神具を飾る場合を見てみることにしましょう。まず、神棚の内側の扉の正面に“神鏡”を置き、階段の両隣には燈籠をとろうそく立てとを対で置きます。そして、必ず付けなければならないというものではありませんが、同じ段の両端に彩の良い “真榊”を置くと神棚の華やかさが増します。

これは緑、黄、赤、白、青の五色絹の幟の先端に榊を挿して三種の神器を掛けたもので、左側の真榊には剣を、右側の真榊には鏡と勾玉を掛けて立てます。最も手前の段には中央に三宝を置き、真ん中の三宝には中心に水を入れる水器(水玉)を置いて奥に対でお酒を入れる瓶子を、前には米や塩を入れる平?(ひらか)を置きます。

そして、同じ段の左右の端には榊立てを置いて榊を榊立てに挿します。“榊”は、人間界と神域を区切る境界線のようなものでもともとは“境木”と呼ばれていたとか、“栄える木”という言葉が変化したものなどと語源に関してはさまざまな説がありますが、昔から神事には欠かせないものとされてきました。これらの神具を飾ったら最後に、神棚の扉は常時閉めておくようにします。

神棚の扉が常時開いていて、中に納めてある御神札が見える状態になっている神棚もよく見かけ、実際には開けておいて御神札を直接見るようにする方が良いという説もありますが、神社に関して言えば本殿の御扉が開けられるのは大祭や中祭といった重要な祭事においてのみで、その際にも外側の扉だけで内側の扉が開けられることはありません。

これは、本殿に祀られている神様というものが非常に畏れ多い存在であると考えられているからで、神棚においても同様に神様が宿っている御神札を常に見える状態にしておくのは畏れ多いということから、神道では一般にお社の扉も原則として閉めておくべきものであるとされています。

仏壇・神棚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 霊璽について

故人を弔う方法として現在、日本では仏教による葬儀が一般的ですが、仏教が伝えられる以前から存在する神道では “神葬祭”という祭事の形式で葬儀が執り行われてきました。神葬祭は、仏教の葬儀のように僧侶がお経を唱えて“故人の魂が迷うことなくあの世へ行けるように導く”といったものではなく、故人の魂に敬意を示して永遠に栄えることを願いながら弔います。 「千早振る神よりいでし人の子の 罷るは神に帰るなりけり」という歌にもあるように、神道では宇宙が誕生する際に喜びの心とともに神が生まれ、そ

仏壇・神棚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。